未来を構想するとき、過去からの語りかけにヒントがある

過去から未来に語りかける社会的養護

藤原正範・小林英義

[定価]   本体2,000円(税別) 

[ISBN]978-4-86500-102-0 C0036
[判型]46判並製
[頁数]240頁

Amazonで購入

非行の子どもと職員夫婦とその子どもが同じ屋根の下で生活する(小舎夫婦制)の児童自立支援施設に勤め、やがて施設長となり、退職後も引退せずに「一路白頭に到る」を今もなお実践し続けている先達ふたり、叶原土筆、平井光治の語りから、施設養護の実践を門前で否定するかのような風潮に警鐘を鳴らし、社会的養護の未来を展望する。

【目次】


はじめに  藤原正範

第1章 私と社会的養護——進行する改革の中で  藤原正範
 1 私と社会的養護
 2 社会的養護改革の進行
 3 本書が目指すもの

第2章 叶原土筆先生からの聴き取り  インタビュアー:藤原正範、小林英義
 1 原点は「お兄ちゃんたち」(子ども時代から成徳学校の教護になるまで)
 2 子どもと遊ぶプロフェッショナル(成徳学校の教護として)
 3 いつも子どもの中で(成徳学校の校長、全国教護院協議会会長として)
 4 住み込みの施設づくり(南野育成園の施設長として)

第3章 平井光治先生からの聴き取り  インタビュアー 小林英義・藤原正範
 1 原点は「長崎の海」(子ども時代から武蔵野学院まで)
 2 体当たりの実践(修徳学院の教護として)
 3 新しい児童福祉の現場で(一時保護所・児童養護施設・知的障がい者施設に勤めて)
 4 教護院から児童自立支援施設への移行の中で(修徳学院院長時代)
 5 子どもと共に生涯歩む(武田塾施設長から里親へ)

第4章 小林英義の語り——施設の子どもと学校教育  インタビュアー:藤原正範

第5章 藤原正範の語り——子どもの施設の歴史から学ぶ  インタビュアー:小林英義

おわりに  小林英義