banner
border
新刊案内
NEW!
近刊案内
NEW!
既刊案内
ご購入案内
生活書院とは
お問い合わせ
生活書院ブログ
随時更新
サイト中に表示されている書籍の
価格はすべて定価(税込)です。
 
 
 
ソーシャルワーカーは、どのように、そしてどこで、ソダチ、ソダテられるのか!!

cover006
後藤広史・木村淳也・荒井浩道・長沼葉月・本多勇・木下大生【著】
ソーシャルワーカーのソダチ
  ソーシャルワーク教育・実践の未来のために



A5判並製   212頁   本体2000円(税別)   ISBN978-4-86500-070-2
        
現在のソーシャルワーク教育のありかたに疑問を持ちつつ、大学で教育に携わっている6人が、
実践の現場で利用者と関わることによって、自らがソダッた経験をベースに、
ソーシャルワークとワーカーの「ソダチ」を展望する!
 

【目次】

はじめに      後藤広史

CHAPTER1    ソーシャルワーカーは専門家であるべきか──ソーシャルワーク教育で失われるもの……後藤広史
            1    ソーシャルワーク教育に対する疑問
            2    利用者から物をもらうということ
            3    事例1: 母子生活支援施設での援助事例
            4    事例2: ホームレス支援団体での援助事例
            5    ホームレス状態にある人々が求めていることとは
            6    ソーシャルワーク教育のあり方をめぐって

CHAPTER2    「ソダチ」を支える──ソーシャルワークを育てるための覚書……木村淳也
            1    大学(短期大学、専門学校)はソーシャルワークの何を育てているか
            2    この文章を書いている人のこと
            3    「こだわらない」けれど「こだわる」わたし
            4    くずれたものを積みなおす
            5    「ソーシャルワーク教育」をひらく
            6    暮らしの中のソーシャルワーク
            7    「ソーシャルワーカー」は「ソーシャルワーク」を育てているのか?
            8    「ソダチ」を支え、「ソダテ」られていくわたしたち
            9    いまさらですが、リッチモンドに帰れ

CHAPTER3    “教えない”ソーシャルワーク教育──“余白”が担保する主体的・対話的な学び……荒井浩道
            1    はじめに
            2    支援における「正解」の設定
            3    標準化できないもの
            4    透明な支援者
            5    「教える教育」の限界
            6    「教えない教育」の可能性
            7    結びにかえて

CHAPTER4    ソーシャルワークの多様な「視点」を考える
                          ──立脚点としての「私」と注視点としての「相手」との間を行き来すること……長沼葉月

            1    はじめに
            2     ソーシャルワーク実践における「視点」になぜ注目するのか
            3    ソーシャルワーク実践における多様な「視点」とはどのようなものか
            4    ソーシャルワーク学部教育において「視点」を育てるには
            5    まとめに変えて

CHAPTER5    ソーシャルワーカーの“向き・不向き”について考える
                      ──社会人が社会福祉/ソーシャルワークを学ぶ場から……本多 勇

            1    はじめに──社会人学生へのソーシャルワーク教育、社会福祉士養成の現場から
            2    ソーシャルワーカーへの向き・不向き
            3    実習教育のなかで気づく、学ぶ
            4    “素人”から“専門職”になるということ(まとめ)

CHAPTER6    ソーシャルワーカーという職業を社会の中でソダテルために──曖昧さからの脱却と社会への周知……木下大生
            1    はじめに
            2    志願者、なり手の減少という厳しい現実と職能団体の弱体化
            3    アイデンティティーの曖昧さと職業として認識されていない現実
            4    ソーシャルワーカーは国に職業と認識されていない?
            5    先人の指摘を振り返る
            6    われわれがしなければならないこと
            7    おわりに

おわりに       木村淳也